日本チーズアートフロマジェ協会

日本チーズアートフロマジェ協会 公式ブログ

これまでの学びの集大成として、 チーズのサロンを立ち上げることに!

プロフィール写真

 

————————————————————————————————————–

プロフィール:

葛石朋子さん

株式会社日本総険 監査役

江戸千家茶道教授/茶道教室主管/茶事教室主管

日本チーズアートフロマジェ協会「フロマジェ資格」第1期生

2017年度 第1回日本最優秀フロマジェ選手権大会 ファイナリスト

————————————————————————————————————–

 

デザインの基本と応用、

MOFの情熱・技術・知識を学びました。

 

私は、チーズを一番美味しい状態で提供できるようになりたくて「フロマジェ」資格に挑戦しました。資格の講座はジャズがバックに流れていたり、ラジオのDJが流れていたりして、とてもお洒落で意外性のある雰囲気。基礎的な道具の使い方やカット方法、包み方まで詳細に教わりましたし、少人数制なので、知識も技術も並行してしっかり学べました。金子先生からはデザインの基本と応用を、村瀬先生からは世界一のMOF(国家最優秀職人)としての情熱と技術、知識を教えていただきました。体験型の講座で、一人一人がすべてのチーズを触り、試食できて素晴らしかったです!何より楽しかったのは、アート的なチーズプラトー。懐石料理の経験を活かして、チーズをアート的に盛り付けました。この講座を通じて、世界のチーズを知り尽くした上で、チーズで日本の食生活のバリエーションを拡げられることを知りましたし、お酒や副食材とのマリアージュによってチーズプラトーの芸術性を高め、美の観点からもチーズを楽しめることを学びました。

私は27歳から始めた茶道教室を皮切りに、茶懐石、フランス料理、パティシエと細く長く続けてきた集大成として、チーズにたどり着きました。今後は、チーズを活かしたお料理を日本の四季に合わせて提供したり、チーズの知識を取り込んだフルコースを提供したりするサロンを立ち上げる予定です。より多くの方々に、世界や日本の美味しいチーズを身近なものとしてサーブできる話題のサロンを目指します!

 

※本原稿は、2016年11月現在のものです。