日本チーズアートフロマジェ協会

日本チーズアートフロマジェ協会 公式ブログ

目指すのは、世界共通のアートの力で、 チーズの魅力を伝える「フロマジェ」!

早川さん

————————————————————————————————————–

プロフィール:

早川由紀さん

有限会社WAKONN 代表取締役

日本チーズアートフロマジェ協会「フロマジェ資格」第1期生

2015年度 第2回日世界最優秀フロマジェコンクール 日本代表

2017年度 第1回日本最優秀フロマジェ選手権大会 ファイナリスト

————————————————————————————————————–

 

チーズのプレゼンテーション方法や、

空間構成まで、期間集中で学べました。

 

私は2014年に日本チーズアートフロマジェ協会認定校で開催された、MOF(国家最優秀職人)フロマジェのロドルフ・ル・ムニエ氏来日特別セミナー参加をキッカケに、2015年世界最優秀フロマジェコンクールに出場しました。結果は入賞止まりでしたが、世界の素晴らしい「フロマジェ」の仲間入りをさせていただき、大変貴重な体験をしました。同時に力不足も痛感し、何としても技術を磨きたいと、帰国後は「フロマジェ」として必要な勉強を続けてきたのです。

そして申し込んだ「フロマジェ」資格の講座は、「フロマジェ」に必要な知識と技術について、講義と実習形式で行われるものでした。チーズの扱い方、切り方、保存方法、提供方法に加えて、プレゼンテーションや空間構成に至るまで、体系立てて集中した期間で学ぶことができました!

思い起こせば、私とチーズの出会いの原点はハイカラだった祖母がチーズ好きだったこと。チーズのおかげか、綺麗なシルバーヘアとピカピカ肌が自慢の祖母でした。晩年、流動食が難しくなった時も、チーズは舐めることができました。私はチーズの魅力を伝えることで、祖母をはじめ、ご先祖様、故郷、すべてに恩返しをできたらと思っています。そんな私が目指すのは、チーズをアートの力で伝える「フロマジェ」です。人類の歴史に「アート」は重要なもの。世界共通のアートの力でチーズを伝えられるよう、これからも知識と技術を磨き続けていきます。

 

※本原稿は、2016年11月現在のものです。